Last Story 妻編「生きて!」ママへ、そしてかけがえのないあなたへのメッセージ

 

 

ぼくねママが生まれるときから

見ていたんだ

ママの命が生まれて育つのを見ていた

ぼくがママの命の器にやどる時を

ずっとまっていたんだ

ママ生まれてきてくれてありがとう

ママの命があったから

ぼくは生まれてこれたよ

ぼくのからだは

とっても不自由なものだった

ぼくはねチャレンジしようって

決めたんだ

自由のきかない身体で生きることは

大ぼうけんだった

ぼくの人生はとっても

大変に見えたかもしれない

でも、ぼくのひとみの輝きを

みたでしょう?

ぼくのたましいはいつも自由だったよ

いつもぼくは愛でみたされていたよ

生きることはね、なにができるとか、

なにかをのこすとか、

そんなことじゃない

ひとよりすぐれているとか、

ひとより目立っているとか

そんなことじゃない

大切なのはね、

どれだけじぶんらしく

輝いたかってこと

自分を純粋にあらわして

生きたかってこと

たましいはみがくものじゃないんだよ

たましいはねそのままで輝かせるもの

輝かせたぶんだけ

光をましていくってことなんだ

その光は自分だけの輝き

だれかやなにかになろうとする

必要はないんだ!

ぼくはぼくのチャレンジをやりとげる

ために生まれてきた

ママにあげたいものが

たくさんあったけど

ぼくの人生はぼくのためのものだった

ママの人生もママのためのもの

ママにしかできない人生を生きて

風のように自由にふきわたり

水のように流れにまかせ

光のようにまぶしく輝き

花のように色とりどりに咲き

星のようにやさしくまたたいて

生きて!

ぼくの命が終わろうとしているよ

いまぼくのからだは

とっても大変だけど

ぼくはちっともつらくはない

いまとっても穏やかなきもちなんだ

ママとパパが

じゅんびができるのをまっている

ぼくの命をみとどけるじゅんびがね

ぼくね

もうぜんぶやれることやりきったんだ

さいごのしごとはこのからだを出て

たましいのふるさとに帰ること

ママ、パパ、みんなみんなありがとう

ぼくはだいじょうぶ

いまとってもうれしいよ

ぼくはやりとげたんだ!

ママ泣かないで

自分をせめたりしないで

ほら前を向いて

ぼくはいつだってそばにいるよ

だいじょうぶって

いつもささやいているよ

ママ笑ってって

ずっとママのよこで笑っている

ママが輝いて生きるその光は

ぼくの光でもあるんだ

だから生きて!

ぼくたち光のそんざいは

いつも大切なひとのそばにいる

どんなときにも

愛をおくりつづけている

だからそれをうけとってほしいんだ

かなしみにこころをとざさないで

自分なんてと言わないで

あなたはひとりじゃない

あなたは輝いて生きるとき

ぼくたちはかならずともにいる

みんないつか

たましいのふるさとに帰る

そしてまた

新しい命をめざしてとびだしていくんだ

ぼくたちはいつも冒険者だよ

あたらしい世界を見たくて

命に生まれる

だからすべてを思いきりたのしんで

あじわうことがよろこび

自分のえらんだ命が大好きなんだ

思いだしてみて

想像してみて

光だったときのあなたを

あたらしい命にワクワクして

とびこんでいったときのあなたを

あなたは光

いつも輝いているそんざい

生きているだけですばらしいそんざい!

さあ、あなたを生きて!

 

 

 

*************

About Stories 物語の前に

Story1
妻編:「赤ちゃんにノウガナイ?」
夫編:「幸せな若夫婦への突然の報せ」

Story2
妻編:「悲しみと隣りあわせの幸せ」
夫編:「試練、負けるもんか」

Story3
妻編:「この腕に抱きたい」誕生へ
夫編:「産むのはおかしいことですか?」

Story4
妻編:「天からの贈り物」
夫編:「想像できなかった現実」

Story5
妻編:「発作との日々の始まり」
夫編:「いざ広州へ」

Story6
妻編:「中国で重度障がい児を育てる」
夫編:「いよいよ!家族揃っての駐在生活。。」

Story7
妻編:「必死だった日々も。。」
夫編:「妻任せの障がい児子育て」

Story8
妻編:「これでいい。だいじょうぶ。」
夫編:「なかよし学級で教えてもらったこと」

Story9
妻編:「失うことの恐怖。。希望へ」
夫編:「生後5年目、初めての介護育児」

Story 10
妻編:「優大チームの介護子育て」
夫編:「優大5歳、お兄ちゃんになる」

Story 11
妻編:「生きていることの奇跡」
夫編:「8歳の試練」

Story 12
妻編:「当たり前でない日々、10年」
夫編:「命は必ず尽きる、ライフワークは何か?」

Story 13
妻編:「命の最期のしごと 前編」
夫編:「そして、九州へ」

Story 14
妻編:「命の最期のしごと 後編」
夫編:「命日と誕生日、優大の旅立ち」

Story 15
妻編:「すべてが贈り物」
夫編:「3人家族、新しい生活」

Last story
妻編:「生きて!」ママへ、そしてかけがえのないあなたへのメッセージ
夫編:「4人で5人家族、優大学校からの学び」