未分類

感謝の力

子どもの頃に、何かをしてもらったらお礼をきちんということの大事さを教わった。

当時はその強制的な感謝に抵抗があって、ありがとう、が堅苦しくて面倒臭いようなそんな重い言葉に感じられた。

 

長男の優大が生まれ親になり、この感謝の言葉は突然とても鮮やかに輝く言葉になった。

心の底から湧き上がってくる、ありがとう、を経験したから。

それは、幸福感とセットでやってきた。

穏やかな昼下がりに優大を抱っこしながらふとその顔を見たとき、身体中に溢れてくる幸福感。

そんな風に、大袈裟でなくとも心から深く満たされたとき、自然と涙がこぼれて「ありがとう」と呟く。

 

相手に差し出す言葉としてではなくて、今この瞬間を生きていることの恩恵を表す言葉として。

 

わたしの場合は、我が子の命の灯火がいつ消えてもおかしくないからこそ、与えられた賜物だった。

みんな様々なタイミングで、真に心の言葉としての「ありがとう」を知るのだろう。

 

このありがとうを知ってから、美しい空を見上げたときや、大切な人が存在してくれることや、ストレッチして気持ちよく伸びたときや、あらゆる瞬間に感謝が湧くようになった。

そして、この感謝は、落ち込んだときや、絶望しそうなときには我に帰らせてくれるとても大切なツールにもなることを知った。

例えば今回の自粛期間中も、感謝することを見つければ、不満はスッと落ち着くし、不安も和らいだ。

 

感謝は自分のためにするといい、とわたしは思う。

もちろんその気持ちを誰かや何かに伝えることは、感謝が倍になるからとてもいい。

でも無理して感謝しなくちゃ、なんてことはない。

まず感じること。

ここにあるものや、ここにある感情や、ここにあるたった一つのいのちや。。自分という存在だからこそ生まれるもの達を。

 

湧き上がってくる、ありがたいなぁ、感謝だなぁ、の「ありがとう」ほど愛に溢れた言葉はない。

それはそのまま自分への愛となり、ぬくもりの波紋を広げていく。

長男が亡くなるときもまさに、最後の最後まで絶望せずに、彼の旅立ちをありがとうの言葉で見送った。

あのとき病室に満ちた不思議な愛のエネルギーを痛いほど感じていた。

 

掛け替えのない毎日という「ありがとう」のレッスンを受けていたかのような10年、そしてあれからの10年の日々にも、それはずっと続いている。

母になってもうすぐ20年。

もらった感謝の力は、これからもわたしをずっと支え続けてくれるだろう。

今日も手を合わせ、深い深いありがとう、を感じている。

 

 

 

 

未分類

シンクロが重なり合う場所

みんなそれぞれのストーリーを生きているわたしたち。

そのストーリーはどれ一つ同じものはなくて、唯一無二のもの。

そのすべてが大切で、大丈夫で、生きているだけでもう100点だって、わたしは思っていて。

善であるべきとか、人の役に立つかどうかとか、楽しまなければいけないとか、そのストーリーに対しての目標みたいなものは全然どうでもいいかなと思っている。

ましてや、自分以外の人に対して、こうしないといけないんだよ、なんて意味がないことだもんね。

でね、自分のストーリー、人生とも言う、それに没頭して輝いて生きている人が好きだし、見ていて気持ちがいい。

どんなに変わり者だろうが、常識の道を外れてようが、その人が自分の人生を大切にして心にまっすぐ生きているのなら、それって魂を、情熱を生きているってことだから。

自分の世界を本当に大切にする人は自ずと自分の周りの人も大切にする。

だから知らない誰かには理解されなくても全然大丈夫なんだろうな。

小さいコミュニティをベースにして、自分を思い切り輝かせていくのが、これからのスタンダードになる、とわたしは思っている。

他人を監視してバッシングしたりコントロールしようとしたり、もうそれは必要ないんじゃないかな。

自分の心と対話し、自分の中に調和を生み出し、そしてこの世界へと自分の波紋を広げていく。

波長がシンクロしたところで出会いが生まれる。

そんなシンクロが重なり合うような小さいコミュニティをわたしは創造していきたい。

それがシャンティハウスのビジョンであり、そこに新しいスタイルの学校もあるといいなと思うし、癒しや学びの場所の他に無農薬畑や色んな手仕事の工房なんかもあるといいなぁ。

今日も妄想、妄想、笑。

そして現実にこれからやってくる出会いと冒険にワクワク。

 

LOVE

 

 

 

 

未分類

新しい学校をつくりたい!

新しい学校のようなものをつくりたい!

突然、笑、宣言したくなり。

 

小さい子どもの頃から、世界中の子どもたちが安心して眠れますように、と祈りながら寝ていたわたし。

家庭の事情やわたしの気質で少し特殊なんだと思うけど。

大人になった今でも、子どもたちの幸せは、すごく叶えたくて仕方のないもの。

 

わたしは学校がとにかく嫌いで、友達がいなかったらずっと不登校だったかもしれない。

3歳から所謂進学校に入園してそのまま15歳までそこにいたわたしにとって、学校は比べられて評価されて、それを理由に先生の言いなりにすべてをこなす場所だった。

家でも勉強はできて当たり前、言うことは必ずきくもの、という雰囲気のなか、わたしがそのままの自分でいていいと思える場所は見つけられなかった。

 

そんな経験から、我が子に対して強制力を持ちすぎないことに気をつけてきたけれど、この20年どれだけ悩んだかわからない。

悩まなくなったのは、わたしが自分を取り戻し、生きていることが楽になってからだ。

理想的な母でいなくていい、わたしはわたしでいればいいと気付いたから。

だから、わたしたちにとって、条件付きでない「そのままの自分を好きでいる」ことが何より大切だと本当に実感している。

 

まあそのせいか、大変のびのびと過ごしている子どもたちに、怒る、というありがちなパターンももちろん発動する、笑。

それでも、彼らが目を輝かして、好きなことに没頭し好きなものついて語る姿は、なんとも言えず素敵で尊敬を抱いたりもする。

 

人は自分の心という確たるベースから、本当に自分の好きを見つける道が続いていく。

足りない自分を補うことや、人より優れていることで、自分でいていいと安心しようとしている間は、そのベースに従って人生を選択する。

自分の心ではなくて、他人からの評価を物差しに。

自分が何がやりたいのかわからない、と多くの若者が言うのは、やっぱり、そのままの自分でいていいと誰からも言われてこなかったせいもあるだろう。

 

新しい学校は、大人が癒され元の自分に還る場所でもあり、子どもはそのままのカタチで輝いていくことを学ぶ場所。

どこにでもはまる四角い便利なピースに整えなくていい、凸凹のままで、凸凹だからこその絶妙なチームワークで共同創造することを学べる場所。

大人は経験や智恵やシェアして、子どもが柔軟で先進的なアイディアをカタチにしていく練習をする。

本当にフラットに学び合える場所。

 

あーー想像しただけでワクワクする。

実現していけそうな仲間も色々と思い浮かぶ。

さて、どうやって。。?

ま、とりあえず、宇宙に投げておくことにするね、笑。

 

LOVE

 

 

 

未分類

不安はあって当たり前

 

不安になるとき、心配していろんな行動を起こしたり、弱い自分を責めたり、人に八つ当たりしたり、笑、そしてどんどん気分が沈む。

というようなことはあると思う。わたしも大いに。

 

不安という感情は、楽しいという感情と同じ、ただ一つの感情。

それはあって当たり前で、ない人はほとんどいない。

ただ、不安が大きくなってダダ漏れになっちゃう時には、自分の心に空いているスペースがないからなだけ。

満タンに水の入ったコップに、何を注いでもこぼれてしまうように。

 

入らないから、無意識のうちに感じること自体を否定したり、拒絶したりすることで、対処しようとするのがわたしたち。

パニック障害になったり、鬱になったり、もその一つかな。

 

不安は悪者じゃない。生きていれば自然と湧く当たり前の感情。

だから、大切なのは、心の中にスペースを作っておくこと。

コップの中の淀んでる水を流す。

何度でも、流して洗って、また注げばいい。

生きてるってそういうことが終わらないってことだから。

 

自分のコップの大きさ、コップの強度、みんなそれぞれ違うから、扱いには気をつけて、大切にしたいよね。

中を何で満たすかも、思い描いてみたらいいよね。

そして何が入ってきても、いつでも流せばいいだけって、知っていると気持ちが楽。

 

自分が悪いから、誰かが悪いから、嫌な気持ちになるんじゃなくて、現実を受け止める余裕がないくらい疲れている、悲しんでいる、ため込んじゃってる、そんなことに気付いてよって、心が教えてくれてる。

頑張り屋さんほど、気づけないから。

積極的に心のお掃除しましょう♡

わたしもまさに、気付いて流す、やっているところ。

 

あ、お掃除は、溜まった水を流すだけだから、難しくないみたい。

感情は気付いた時点でほとんど流れていくようにできているからさ。

残っているのは執着だけ。それは生き方、とも言う。

 

LOVE

 

 

 

 

未分類

愛は純粋なエネルギー

 

 

愛を心で聴こう。

愛を心で感じよう。

空に、人の瞳に、風に虹色の美しい愛を見たとき、すべてが一つになる。

わたしと愛とが一つになる。

そしたら

愛の言葉を話そう。

愛の眼差しで見つめよう。

わたしとあなたとが一つになる。

駆け引きなんてなくていい。

ただここにある愛を共に感じよう。