メッセージ

あなたのそばにわたしはいます

 

 

 

あなたのそばにわたしはいます

 

いますぐにあなたの元に駆けつけ

 

あなたを抱きしめよう

 

あなたの心に宿るその悲しみを

 

そっとそっと包み込みたい

 

あなたの悲しみも愛のなせる業

 

闇のないところに光は見えない

 

光を映す闇はスクリーン

 

あなたの中にそれらは共にある

 

喜びを知るからこそ悲しみを知る

 

悲しみはまた新しい希望を連れてくる

 

あなたのそばにわたしはいます

 

愛をいつも贈っています

 

メッセージ

あなたは美しい

 

 

 

あなたには価値がある

 

その形がいびつであろうとも、整っていようとも

その内側が波立っていようとも、平静であろうとも

それに光が当たっていようとも、闇の中にあろうとも

 

価値は減ることも増えることもない

 

存在している、という絶対的な価値

 

あなたはなかなか信じることができないかもしれない

あなたには価値があると何度も言われたとしても

またすぐに忘れてしまうかもしれない

あなたの美しさを

 

あなたは美しい

 

美しさはすべてを含んでそのままであること

 

色とりどりに咲く花がそうであるように

空を自由に羽ばたく鳥がそうであるように

新緑の眩しさがそうであるように

よせてはかえす波がそうであるように

生まれたての赤ん坊がそうであるように

 

今に目を向けよう

今に心を置こう

あなたの美しさは今に宿る

過去でも未来でもない

あなたが唯一存在できるこの今に

 

あなたは完璧だ

 

あなたが今にあるとき

世界は美しさで満ちていることに、気付くだろう

すべては完璧であることに、驚くだろう

そしてあなたも、その一部であることに、震えるだろう

 

あなたには価値がある

そこにそうしてあるだけで、あなたは美しい

あなたは完璧な存在だ

 

 

 

メッセージ

私たちは完璧だ

私の世界はわたしが創っている。

ならば、わたし以外には誰にも操作することができない。

同時に「私」にも操作することができない。

世界を創造している方の「わたし」には完璧な計画があり、「私」はただその世界を体験している。

ダメだと価値がないと嘆く時にも、最高に幸せだと歓喜する時にも、私は体験係としてただここにいる。

 

わたしは願いを聞き入れたり、罰を与えたり、ご褒美をくれたりもしない。

ただわかるようになる。それが叶うとか、何が必要だとか、それで何を得たのかとか、そういうことがクリアになる。

私は何も引き寄せてはいない。

ただ私の話す言葉が変わり、私に見える世界が変わり始めると、引き寄せが働いているように感じるのだ。

 

すべて順調に計画通りに人生は進んでいる。

何をなすかとか、どれほど他より優れているかとか、微塵も関係なく私も私の世界も完璧だ。

 

私は無力なのだろうか?

私は何のために生まれて来たのだろうか?

だから私はそう問いたくなる。

潜在的に知っているから。

わたしの壮大な遊びとも言えるその計画と、ここにいる私のことを。

 

何もやらなければいけないことはない。

やること以外はやれないし、起こることがすべてだ。

死ぬほどの苦痛や、気が狂いそうな恐怖が起こる時にも人生は完璧だ。

生まれて来た私たちはもうそれで完璧だ。

マイナスに向かいようのないこの命のシステムは、その命が消える時が最も豊かな状態なのだ。

この瞬間に、すべてがある。

 

私は何一つコントロールしていない。私は無力だ。

そして同時に私は完璧だ。私たちはみな完璧なのだ。

 

 

メッセージ

私は願います

 

今ここに、一瞬一瞬に生きていることに、気づいていられますように。

痛いとか、気持ち悪いとか、気持ちいいとか、美味しいとか、感じたままにその感覚に寄り添ってそこにいられますように。

そんな様々な感覚に理由をつけては、苦しいなとか、幸せだなとか、孤独だな、とか感じている私を、ただそのままに、うんうん、と肯定していられますように。

こうなろうとか、ああならなくちゃとか、思う私もまたそのままに許しておける優しい空間を持っていられますように。

それでもどうにも生きることに疲れた時には、、私が過去や未来や頭の中のすべての想像ではなく、今ここにしか生きていないことを、またそっと囁いて、安心をもたらすことができますように。

この世界にともにあるすべての存在が、いつでも私と繋がっていることを思い出せますように。

私はすべてであり、すべては私であることを思い出した時に、溢れてくる愛をせき止めることなく現わし続けられますように。

新月の日に願うこと。

愛を込めて。

 

 

メッセージ

この世界からの伝言

あなたが生まれた時、世界は輝きました。

あなたの存在に、世界は最大の愛を贈りました。

 

望まれる自分になれなくて、あなたは少し自分のことを嫌いになったかもしれない。

成し遂げることができなくて、自分の価値を小さくしたことがあったかもしれない。

誰かと比べて、あなたは劣っていると嘆いたこともあるでしょう。

 

あなたは気づいていないかもしれません。

世界が輝いたあの日からずっと、あなたのいのちが放ち続けている大きな力に。

 

思い通りにならないことも、いつかのあなたへとつながる道でした。

自分らしくありたいともがいた日々が、あなたの大切なことを照らしてくれました。

あなたが泣いた時、あなたを励まし愛する時間をもらった人がいました。

あなたが生きたどの日にも、あなたが感じたことは、いつも波紋のようにあなたの未来や、あなた以外の存在へと広がりました。

 

あなたの存在、あなたのいのちは、一度も価値がなかったことなんてありません。

あなたのいのちを生きられるのは、あなたしかいないのですから。

自分なんて、と思う時にも、その先の未来はあなたに微笑んでいます。

 

どんな時にもどうぞ忘れないで。

あなたはこの世界に贈られた、大切な大切なたったひとつ、特別な存在だということを。

 

「生まれてきてくれて、ありがとう。」

「あなたを生きてくれて、ありがとう。」

そう、世界はいつもあなたに愛を贈り続けています。