メッセージ

私たちは完璧だ

私の世界はわたしが創っている。

ならば、わたし以外には誰にも操作することができない。

同時に「私」にも操作することができない。

世界を創造している方の「わたし」には完璧な計画があり、「私」はただその世界を体験している。

ダメだと価値がないと嘆く時にも、最高に幸せだと歓喜する時にも、私は体験係としてただここにいる。

 

わたしは願いを聞き入れたり、罰を与えたり、ご褒美をくれたりもしない。

ただわかるようになる。それが叶うとか、何が必要だとか、それで何を得たのかとか、そういうことがクリアになる。

私は何も引き寄せてはいない。

ただ私の話す言葉が変わり、私に見える世界が変わり始めると、引き寄せが働いているように感じるのだ。

 

すべて順調に計画通りに人生は進んでいる。

何をなすかとか、どれほど他より優れているかとか、微塵も関係なく私も私の世界も完璧だ。

 

私は無力なのだろうか?

私は何のために生まれて来たのだろうか?

だから私はそう問いたくなる。

潜在的に知っているから。

わたしの壮大な遊びとも言えるその計画と、ここにいる私のことを。

 

何もやらなければいけないことはない。

やること以外はやれないし、起こることがすべてだ。

死ぬほどの苦痛や、気が狂いそうな恐怖が起こる時にも人生は完璧だ。

生まれて来た私たちはもうそれで完璧だ。

マイナスに向かいようのないこの命のシステムは、その命が消える時が最も豊かな状態なのだ。

この瞬間に、すべてがある。

 

私は何一つコントロールしていない。私は無力だ。

そして同時に私は完璧だ。私たちはみな完璧なのだ。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です