未分類

出会いという宝物

 

 

バンコクで最初に住んだアパートの上の階に日本人のファミリーが住んでいました。

入居早々に凄まじいスコールで1階の我が家が浸水した日、子供たちを二階に避難させるべく、藁をもすがる思いで2階のそのファミリーに声を掛けさせてもらいました。

トイレも使えなくなっていたので、避難させてもらえてすごく助かったのに、水の引かない我が家におにぎりを差し入れに来てくれたりとっても親切にしていただいて、その日から仲良くさせてもらうようになりました。

それからしばらくして、お茶を飲みながらゆっくりお話しする機会があった時に、奥様が「中島家のこと実は前から知っていたんだよ!」と言ってくれたのです。

聞いてみると、日本で取材してもらった記事を読んでくれていて、私たちのこれまでの暮らしやこれからバンコクに来ることを知ってくれていたとか。

それからは、太陽のように眩しく美しい奥様である彼女とは色々なことを語り合ったり、慣れない生活を沢山手助けしてもらったり、優しい気持ちをいつももらって、、「あぁ神様は全部用意してくれているんだなぁ」と感じる出会いでした。

 

あれから紆余曲折。。さらに自宅を引っ越すこと3回目の今のお家でもそんなミラクルが起こったのです。

お隣さんはもうすぐお引越しされてしまうのだけど、ご挨拶に来てくださって突然「もしかして、お子さんにハンディがあられて、亡くなっていらっしゃいます?その経験を通じてお仕事をされていましたよね?旦那様は海外で離れて暮らされて、でもお仕事やめられたんですよね?」と。。笑。

バンコクでのあの日のことが蘇って、一人で笑ってしまった私でした。

その奥様もバンコクの友人と同じく、瞳がキラキラと輝く美しい女性で、すぐに色々と仲良くお話しさせてもらって、とても嬉しい出会いとなりました。

 

実はその他にも、たった1、2回程の取材記事を読んで下さっていた方と出会ったりする機会が何度もあります。

全く有名人でない私にそういう経験が待っていることを考えると不思議ですが、人生にはこういう宝物の箱が沢山用意されているのだなと今は感じます。

偶然なんて一つもなくて、出会える人はきっとすべてが必然で。

最近は、出会えて言葉を交わせたら、もうすぐに友達のような気がしてしまいます、笑。

出会ってくれてありがとう。ここで生きていてくれてありがとう。そんな気持ちであったかくなるのです。

 

生きていると本当に色々なことがあるけれど、、それでも一人の時なんてないのですよね。

いつでも私たちはそれぞれの場所で共に生きている。

出会えた大切な人たちの顔が浮かびます。そしてこれから出会える人たちにも思いを馳せます。

 

ブログで出会ってくれているあなたにも。

心より愛を込めて。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です