未分類

癒すから癒えているへ

癒される〜と、わたしも言うし、癒された〜と言われることもある。

癒える、とは、治るということ。

皮膚にできた傷が治って元の状態になるように、心身が元の状態に戻る、元の自分に戻る。

それだけで、とても気分がよくなる。

なぜならわたしたちは、もともと生きているだけで完全な存在なんだもの。

 

どうしてそれを忘れてしまうのだろう?

一生懸命、自分に何かをくっつけようとしたり・・

自分以外の何かになろうと必死になったり・・

そうやって疲れてささくれだった心を何かで癒してもらい、自分に戻っては、また探し始める。

これはまるでゲームだ。目隠しをして自分を探すゲーム。

 

ほんの少し過去、ほんの少し未来にフォーカスして、癒しと探究のゲームをしてきたわたしたちは、新しいドアを開ける。

自分を知ることに命をかけてるのがわたしたちだと気づいたら、次のステージに進むときが訪れる。

わたしはすでに癒されている、わたしを見つけた、つまりわたしはいつでもわたしだ、という感覚とともに。

 

ゲームの続きはやはりゲームなんだろうけど、「いま」を生きるというステージは未知の世界だ。

よりピュアな存在が先生になりヒントをくれるだろう。

それは自然であり、動物であり、子どもたちだろう。

 

原始に帰るように見える営みが、実は進化であることに気づくだろう。

テクノロジーより星の動きを、現代医学よりも自然治癒の力を、教育よりも無垢からの学びを、忘れていたものを思い出していく。

いまここに満ち足りることを思い出していく。

 

既存の枠組みはすでになくなり始めている。

いまにフォーカスする、澄んだ心でことをなす、味わい感じる。

それがわたしたち人間の新たなステージ。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です