未分類

感謝と愛を込めて、18回目の誕生日

 

今日は長男、優大の誕生日です。

18年前に私を母にしてくれた優大の誕生日。

あれから私が生きてきたどの瞬間にも、愛を与え続けてくれていることに、「ありがとう」以外の言葉が見つかりません。

そして、こうして心の底からの、魂が震えて自然と涙がこぼれるほどの、細胞の隅々までが愛で埋め尽くされるような、そんな「ありがとう」を与えてくれたのも優大。

彼は生まれつき大脳がなかった。

座ることも、話すことも、しっかりと見ることも、何もできなかった。

だけど、息をして、そこにいて、暖かくて、目がキラキラ輝いていて、それだけで、もうそれだけで、十分だった。

ツルツルのほっぺをつんつんして、その顔を見ているだけで、私が生きるには十分過ぎるほどの愛をもらいました。

10年もの間、生きてくれて、身体から旅立った後も、私たちと一緒に生きてくれて、毎日、毎日、私の中に愛という命を吹き込み続けてくれている。

だから私は生きていけます。

優大が心の声で伝えてくれた詩を、ここで紹介します。

愛は目には見えない。耳では聞こえない。心でしか感じることができない。

でも、心で感じることができれば、すべてのものに愛があることがわかります。

私たちは、いのちは愛そのものだから。

「生きて!」ママへ、そしてかけがえのないあなたへ

 

読んで下さって、繋がって下さってありがとうございます。

心から愛を込めて。

 

2 thoughts on “感謝と愛を込めて、18回目の誕生日”

  1. 天国の優大くん、お誕生日おめでとうございます。きっと、微笑みながら家族の事見守っているんだろうなあ〜たまに遊びに来たりして〜
    さっちゃんが、愛に満ちていたら優大くんも嬉しいね

    1. はるみさんありがとうございます♡はい、優大はいつも見守っていてくれてます。ありがたやぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です