未分類

書いて自分と会話する

言葉を綴るのが好きだ。

わたしにとって文章を書くことは、頭の中を表現することでもあるし、同時に自分との会話でもある。

 

なんとなく人恋しいような気分の時には、大抵、自分自身との会話が減っているんだなと気づいてから、そういう時は言葉を綴る。

そうして無心に書くうちにすっかり満たされている。

 

言葉にする時間、自分に心を向け、心の声に耳を傾けて、今の自分のことをよく理解する。

人同士の会話のようなことが自分の中で起こる。

今もそうやって自分と会話しながら言葉を綴っている。

 

文章を書くことはきっとライフワーク。

それはわたしにとってなくてはならないものだから。

 

そしてわたしの心から溢れていく言葉たちが、誰かの心にもつながっていくことの喜びを、もっと感じたいな、と最近思う。

開いていく感覚が強まっているんだろうな。

 

昔、出版を考えて動いているときに、編集者の方に、書くことで自分が枯渇して擦り切れてしまう人も多いと聞かされたことがあった。

それって心とつながることをせずに、書くことがありき、売れることがありきだとそうなるのかもしれない。

そしてどんな仕事にも当てはまることだなぁと思う。

 

まぁでも、わたしはまた違うタイプなような気がする、とその時に思ったのは、純粋に書くことが好きで、自分の力になると感じているから。

今日も未来も気が向いたら言葉を綴る。

それがお仕事になっていくと嬉しいな。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です