未分類

人生の探求から幸せの実感へ

 

人はなぜ生まれてきて、生きて、死ぬのでしょう?

このことがわからないままに、生きていると、自分が本当に幸せなのかもよくわからなくなるような気がします。

私たちは、自分自身、いのち、幸せ、その意味を知りたい!と思う潜在的な欲求を持って生まれてくるからこそ、人生を歩み続けているのかもしれません。

だから、大人になるにつれて、答えを必死で探し求めるて回る、または考えないようにして生きようとする、このどちらかになるように思います。

どちらの歩みも同じ方へ進んでいるのですが。

 

そうしてどちらの人生を生きていても、答えを突きつけられるようなタイミングというのが訪れることがあります。

私の場合はなぜか、小さい頃からそれがいつも頭の中にあり、そして22歳で優大という存在に出会い、「いのち」がどういうものかを教えてもらいました。

この世に生まれでて、大脳がなく、寝たきりで話すこともしない、その生を全うするまでの一瞬一瞬を見せることで、教えてくれたのです。「優大とわたしたちの10年間の物語

 

私は長い間、生きるための意味を求めてきました。そして今は、生きることの意味がなくても、幸せで生きていられるということを知りました。

求めてもがくことや葛藤すること、様々な感情が溢れてくること、生きていると感じられること、その今という瞬間にすべてがあるのです。

そう、なぜ生きるのか?の答えは、この一瞬一瞬にしかない。

息を吸って吐いて、目を開いて見て、聞いて、、

それが紛れもなく生きているということだから、吸う息が、見るものが、聞く音が、人生といえます。

 

私には身体があります。話すことも歩くこともできる。

今、何を見て生きたい?何を聞いて生きたい?

どんな道を歩いて誰に会いたい?

どんな気持ちを伝えたい?

どんな言葉で話したい?

 

それを知り、選び、生きるために、感じる心があり、目や口や五感があり、そして、いのちがあります。

どうしたいか?どう生きたいか?はわたしたちの幸せの原点です。

これがなくなってしまうから、生きることの意味を探さなくてはいけなくなるだけなんです。

社会の役に立っていなかった優大の、その存在そのものが輝いていました。多くの人に勇気や愛を運んで人生を全うして生ききった姿でした。

本来、生きているだけで、100点満点の私たち。

心底幸せであると感じられたなら、もう何も求めるものはないと思うんです。

 

だから、生きることに大義名分はいらないし、自分を誤魔化し、理由を作り、納得させ、本当はどう生きたいのか?もわからないままに死を迎えるのは嫌だと思っています。

優大の分まで生きようとか、大切ないのちだから生きようとか、そういうことでもなくて、

この今ここにあるいのちは、私たち一人一人のための贈り物だと心底感じるから。

世界でたったひとつの、私の人生というギフトを贈るのも受け取るのも自分自身。

自分の好きなように生きていい。私たちはそのために生まれてきたから。

 

今日も、あなたを生きてくれて、ありがとうございます。

愛を込めて。

 

2 thoughts on “人生の探求から幸せの実感へ”

  1. 好きなように生きるのが難しい時代ですね〜特に若者には
    そうじゃなくていいんだよ〜って言ってくれる人が増える事を祈るばかりです。

    1. 私たちが生き方であらわしていく時代になっていくんだと思います〜。まずは子供に常識を押し付けないことですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です