未分類

裸の心

 

心を裸にしたいけど

誰かに見られたら恥ずかしくて

堂々となんてしてられなくて

こんなにも寄る辺のないことってないなと思う。

 

それでも、そうしたくて、せずにはいられなくて。

 

幸せ色の服もいらない。

誰かよりかっこよくて、美しい服もいない。

 

イライラし、グダグダで、疲れても、そのすべての瞬間を、ただ感じてみる。

裸の心を感じてみる。

 

湧き上がるそれだけが、わたし、という証だ。

誰かに見せなくたっていい、せめて私だけはわたしを見てあげよう。

 

あぁ、ごめん、ごめん、、

私はこんなに、わたしの心に色々な服を着せ、色をつけ、そのまんまの心が見えないように、見せないようにしていたんだね。

 

ほんとうは、悲しかった。

ほんとうは、叫びたかった。

ほんとうは、なじりたかった。

ほんとうは、ただ、愛し合いたかった。

 

ほんとうは、ただ、ただ、わたしでありたかった。

 

目をそらさずに、裸の心を感じて見ることが出来なかったのは私。

 

怖かったから。。

恥ずかしかったから。。

完璧ではないことが

理想通りではないことが

 

心は、いつもここで、わたしであってくれた。

だからもう、どんな姿でも、私は目をそらさないでいよう。

 

「そのままの君が好きだよ。」と、一番初めに言うのは、私自身なんだよね。

そこから始まる物語を、そろそろ始めよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です