未分類

天国で生きていく?

 

今、地球全体で時代の変化や、新しい世界創造のパワーが高まっていると、いろいろなところで目にします。

昨日、暮れていく夕空に釘付けになりました。そして私もそんなことを深く感じていました。

一人の人生をとってみても、新しいことが始まる前には必ずきっかけとなる大きな出来事があったり、変化の前の揺らぎは大きいものです。

 

私が去年から感じているキーワードは「統合」です。

陰と陽、女性性と男性性、天と地、善と悪、などなど、今までは正反対と思われていたものでさえ、パズルのピースとピースがピタッとはまるように統合されていくイメージ。

今までの常識や信念、価値観なんかはどんどん変わっていく。

あるべきものがあるべきところにおさまる。けれどそれは小さく整うのではなくて、全体として大きく美しく色とりどりの絵画が完成するように、バズルが拡大していくイメージです。

ピタッとはまるためには、元々の形でいないとダメなので、ありのままへと全てが変化していく。

今まさに出会うべき人、場所、仕事、そんなもの達に出会うために、自分へと戻っていく。元の自分へと還っていく。

 

私たちは、ただありのままに生きたい!そして一人きりで暮らしていくぞ!と思うわけではなくて、笑、きっと、ありのままの自分で〜をしたい!〜としたい!という願いがあると思うのです。

私もやっぱり、人のそばに、いのちのそばにいたい。

いのちってあったかいし、美しいから。

 

でもね、最近感じていることがあって。

自分がどんどん自分へと還っていく、ありのままに、この世界の主人公に戻っていくと、見えている景色がぼやけてくるような恐怖を覚えます。

一つ一つの絆や関係性がふわふわと解けてなくなっていくような。世界で自分一人になってしまうんじゃないかって。

だから私はずっとそこの前で何とかこの先に行かないように、足踏みしているような気もします、苦笑。

きっとその先には天国のような場所があるのかもしれない。

でもまだ身体があるので、生きながら天国に住むのってかなりの勇気がいります。

もう何を言っているのか?と頭を傾げている方もいるかもですが、苦笑、シェアしたくなったので。

 

自分を生きようと思ってから、私たちがどれだけ関係性の中で、自分の形を変えて生きているのかに気付かされてきました。

まるでそうでないと生きていけないかのように。

でも、自分のピースの形を思い出したら、もう形を変えることは難しい。きっとできません。

私がこれから新しく出会っていく人や場所は、見る景色は、どんなものなんだろう。

大事な人とも新しく出会い直していくような感じになるのでしょう。

ドキドキとワクワク、そしてやっぱり少しの怖さを感じながら、大切な今を生きたいと思います。

 

あなたとこの世界に、愛を込めて。

 

 

 

 


2 thoughts on “天国で生きていく?”

  1. ありのままに還ることは、わたしにも怖いこと。。
    でも、それはピタッとはまるピースになるためだったなんて!
    そんなこと、考えてもみなかったけれど、なんだかふに落ちて涙がにじんできちゃっいましたよぉ( ;∀;)
    世界で自分ひとりになっちゃうんじゃないかって、それもこのところ、毎日のように感じて哀しくなってるところだったし。。
    天国を前にした足踏みなんて素敵なものだったらいいな。。

    1. うんうん、そうだよね。人は一人にならないように愛するし憎みだってするんだよね。全てへの許しが生まれるほどに人は元に戻っていくから一人になっていくのかもしれない。私ももう憎んでないよって思った時には、孤独感も同時に味わった。とっこちゃん、一緒に天国の扉開けよう♪怖いね〜〜〜笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です