未分類

自分に優しく

 

ブログをアメブロからこちらに移したのは、まっさらなところで私自身の純粋なエネルギーでまた始めたかったから。

その時に感じている気持ちを、そのままかたちにすることは、今の私にとってはとても大切で自然なことです。

自分自身や周りのエネルギーに敏感な私にとっては、違和感のあるまま「留まり続けること」は大きなストレスになるのです。

それは時間の中でもそう、人との関わりの中でもそう。

 

でも、以前は、そうやってありのままに「変化する」ことで、周りの人に迷惑をかけてしまうのではないか、失うものがあるのではないか、、と怖かったのです。

だからなるべく心を鈍感にさせようとしたり、見ないふりをしたり、我慢できると言い聞かせたりしていました。

今でもたまに、自分の敏感さが重荷に感じて持て余してしまうこともあります。

けれど今は感じています、この繊細さを持って生まれて、自分の命一杯に感じたいことがあったのだろう。。と。

そんな唯一無二の私自身を、私が一番に理解しよう、大切にその声を聞こう、そう思った時から、生きることが楽になってきました。

 

自分以外の誰かの都合や、利便性や、常識や、、そんな「その場にふさわしいとされる役割」を生きることを少しずつやめてみることで、

本当に、随分、自分に優しくなった気がします。

そして、そうやって生きていると、世界は優しいところだと感じるのです。

自分への優しさはそのまま自分の世界に映し出されているのでしょうね。

 

実際に「自分の声をちゃんと聞いて、それを否定しない」ようになった今でも、私は変わらず最愛の家族とともにあり、暖かい人との繋がりに恵まれて生きています。

「自分を優先したら何かを失うかもしれない」という幻想だけが薄れた、ということなのかもしれません。

 

 

感情の起こるままに揺れてもいい、不安になって、怒って、そんな感情を道しるべに、本当に望む方へと変化していけばいいんですよね。

ただ自分を責めるのだけを、やめるだけで、私たちはとても幸せでいられます。

 

私の新しい変化、シャンティハウスのホームページを開いて読んで下さっているあなたに、心から感謝を込めて♡

 


2 thoughts on “自分に優しく”

  1. はい、私も少しづつ楽になってますよ~(^^ゞ
    チビ介、あまりにも暇でゲーム三昧なので
    新しいデイサービスに(^v^)
    プールも連れて行ってくれるので、運動不足解消!
    本人も喜んでるのでよかったぁ~

    1. はるみさん、お疲れ様です〜!
      うちもあまりにもiPad三昧です、苦笑。
      プールいいですね♪
      子供も家族以外の人や子供同士と触れ合えるから、学校やデイサービスいいですよね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です