未分類

生きてるだけで満点

ふとね、思ったんです。

人生を減点方式で評価していれば、満点になんてなるはずないなって。

 

だって欲とか理想って誰にでもあるものだし、満足したら終わりだ!っていう思想は日本ではポピュラーだしね。

高みを目指して努力する、とまではいかなくても、いまより良いものを目指すこと、自分の価値をあげるために頑張ることが普通なんだよね。

 

だから、足りないところを探す。

何を足したら良くなるか?習慣や技術や能力や信念、とにかく足す必要のあるものを探す。

 

だから自然と、いつも自分は不完全だし、満点になんてなることがない。

 

では、加点方式ならどう?

いまここにこうして生きていることは、100点満点中何点?

共に話して笑い合える人がいることは何点?

空がきれいだなって心がふんわりすることは何点?

 

その瞬間の満点が、人生には散りばめられているんだよね。

 

思考がいまじゃないどこかに逃げ出してしまう時には、私たちは本当に不完全な存在に感じるかもしれないけれど。

あの時の私は不幸だったとか、未来の私には不安しかないとか、いろいろ頭の中はうるさいかもしれないけれど。

 

減点方式はお休みして

「今日も一日生きて、満点です。」

そう、自分に言ってみる。

理想の自分には程遠くても、生きてることがもう100点なんだから。

 

すべての存在に愛を込めて。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です