未分類

自分のいのちひとつ持って

とても感情が波立つことがあった。感謝と気づきを胸に思ったことを少し。備忘録。

 

 

今私が、どんな出来事もギフトだと思うのは、私がそれから逃げずに向き合ってきたからだと思う。

感情を味わうこと。

苦しむこと。

もがくこと。

怖くても向き合うからこそ、見えてくる光がある。

自分の幸せは自分でつくることができる。

意識を変えるだけで、フォーカスを変えるだけで、人生の意味はどんどん変化することを知った。

この世界は自分の意識の中にある。優しさをいつでも見出すことができる。

 

向き合うことは怖いけど、苦しいこともあるけど、それ以上に、自分のいのちを大切に生きられないってことが、やっぱり私は嫌だ。

自分を大切にすることを忘れて生きたままならば、どんなに表面を取り繕っても、生まれてきてよかった、と心から思う瞬間はなかっただろう。

芯から満ち足りて、いのちの奥から「ありがとう」という言葉が自然と湧いてくるとき、

それは、自分が何かを得たからではなくて、ただ今、生きていることへの感謝だった。

 

 

幸せでいるために必要なことはたったひとつ、

自分が自分を幸せにする覚悟を

自分のいのちが喜ぶように生きる覚悟をするってこと。

 

 

どんな方法でもいい。どんなにかっこ悪くても、人から理解されなくても、躓きまくって死にそうになってもいい。

へなちょこで弱虫でも、波立って全く安定しないとしても、諦めない。

いのちだけ持って裸で生まれてきて、また何も持たずに光の粒に還っていく私たちは、何かを持つために生きてるわけじゃない。

たったひとつだけの、この自分のいのちを全うする。

始まった旅を終えるだけ。

とってもシンプルで、でも奇跡に満ち溢れたいのちの旅。

 

 

一人一人が自分のいのちが大好きで生まれてきてる。

自分を愛しているから私たちは生きている。

だから、幸せになっていい、幸せを感じて生きていい。

自分を自分が100%幸せにできる。

そして、もしそれができたら、間違いなく、平和でしかない。

私もその旅路の途中。

身体という器に心を乗せて、魂の舵取りで進む旅路。

 

ただ前を向いて、自分のいのちひとつ持って、私を生きよう。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です