未分類

罪悪感とさようなら

シトシトと雨の降る月曜日。

夜中に目が覚めた娘が子猫のようにベッドに潜り込んでくる。窮屈すぎて母寝れず。。寝不足。

 

そんなまったりとした朝だけど、取り掛かっていたお仕事の総仕上げを。

わたしが担当して作ったECサイトをやっとオープンし、新商品の販売を開始することができた。ちなみにこれです*rainbow bazaar

 

夫に言わせると、わたしはやり始めると仕事がものすごく早い、らしい。

しかしやり始めるまでに、下手すると何ヶ月も何年もかかったりするの、笑。

嫌なことを無理してしないと決めてからは、もう自分の心の指示に従うのみ。

小さい頃からマイペースと言われ続けて、ついに自他とも認めるマイペースになった気がする今日この頃。何のこっちゃ、笑。

 

兎にも角にも、机の角に足の小指をぶつけて悶絶しながら、わたしが何か悪いことをしたから?と反射的に自分を責める癖がすごかったようなわたしにとって

自分を最優先しても心地良く暮らすことのできている今は奇跡みたいなものだ。

 

夫への忖度も相当すごかったと思うけど、そんな諸々にもお別れし、今はとても身軽で爽やか、笑。

完璧を求めて追われるようにこなしていた家事や子育ても、今では心地よさと楽しさを感じることの方がとても多くなった。

しかも、お役にも立てているんだから、こんなにいいエネルギーの回し方はないと思う。

 

わたしはただ愛でいたいと思う。

そうしようと思うも思わざるも、愛以外にはなれないんだけど、笑。

世の中の正しさや価値観で行動を起こすのをやめて、自分の心の平安とそこから放たれる愛を感じながら暮らしたいのだ。

 

完璧でいようとしていたわたしだったから、きっと、すでにすべて愛という名のパーフェクトな世界に住んでいることを思い出したんだろうな。

道はそういう風にできている。

 

ただ、すべてが愛だと気づいているだけでいい。

時々忘れてジタバタしたり心配したり、イライラしたり怒ったり、そういうのも含めて許す、いや、全部許されているんだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です