未分類

子どもも大人も輝く世界

 

今週は息子の卒業式がありました。

小学校の卒業式はタイのインターナショナルスクールの卒業式と合わせると2回目。

もう中学生になった気分でいた私たちでしたが、元の小学校に少し戻れることになり、こうして日本でもとても素敵な卒業式を迎えることができました。

卒業生も在校生も気持ちの揃った掛け声に、美しいハーモニーの合唱、そして息子のスピーチ。

「尊敬する人は父です!」で始まったスピーチ。夫に動画で見せたら泣いてました、笑。

息子の母校は環境や人に恵まれ本当にいい学校で、ここに通えてよかったなぁと感謝でいっぱいになった一日でした。

そして、特にこの2年間ほどの経験も、私と子供たちにとって、とても大きいものだったなぁと思います。

子供たちにとっては、外国で暮らすこと、英語で学ぶこと、これだけでもとても豊かな経験だったでしょう。

私にとっては何よりも「出会い」が宝物となった時間でした。

親子で、もちろん苦労も沢山あったし、後悔もして、いろんな気持ちに揺れましたが、しなくていい経験、なんてないとつくづく思います。

 

 

母になって18年、3人3様の子どもたちを見てきて思うことは、彼らが本当にありのままに、いきいきと輝いて生きているなぁ、ということ。

何かを必死に努力したり頑張ってきた経験はまだ全くない我が子たち、笑、もっぱら自由に生きています。

いつでも自分の気持ちに正直に泣いて笑って、困ったり悩んだりもしながら、それでもいつもちゃんと自分の一番心地いいところにすぐに戻っていく。

これって一番大切な生きる力なんじゃないかなって思います。

 

我慢した分だけ、自分を違う形の枠に押し込めた分だけ、手足を思いっきり伸ばして、そのままで居られる心地いいところに戻ることが難しくなる。

戻り方を忘れてしまうのですよね。

今生きていることが嬉しい、いつでも今のこのありのままの自分が一番!という感覚を忘れなければ、幸せを探しに行かなくてすみます。

 

これからは、探す道で様々に学びを得る時代はもう変わって、多くの人が自分の本当の幸せの姿を探す必要がなくなっていくのだと思います。

新しい時代の子どもたちが教えてくれるのです。大人が子供を教育するなんてとてもできないこと。

同じ時代に出会えたわたしたちはみんな、お互いに教え合い、輝きを見せ合う存在だと思うのです。

この人生を楽しむことに命を使える、大人になっても自分の命を輝かせて生きることができることを、思い出させてくれるのが子どもたち。

そして、命を慈しみ愛し、心の願い、夢を、楽しみながら力強く現実に叶えていくことを見せるのが大人だったら、なんて素敵な世界になるだろう!

色とりどりの命がいてくれるから素晴らしいと実感できる世界。

 

これからも我が家の子どもたちはどんな風に輝いていくのかな。

それをそばで見せてもらうことの幸せを、深く深く噛み締めている春です。

 

この春あなたに訪れる始まりに、心から「おめでとうございます。」

愛を込めて。

 

 


4 thoughts on “子どもも大人も輝く世界”

  1. ご卒業おめでとうございます。
    はい、ありのままですね(^^)
    心地良い春を楽しんでください!

  2. 卒業おめでとう。
    二度目の卒業式、また違った環境で感じることも違うかもね。
    我が家も日本に帰り、私も子供もなんか気持ちにゆとりがうまれてる。環境の変化は大変だけど、それもまた1つの経験となり、成長してる気がするよ。子供達も私たちも、これからが楽しみだね。

    1. ありがとう♡
      そうなんだね〜。ゆとりはとても大事よね。私はパパがいないことでの緊張感もあってかちょっとお疲れ気味よ〜。でも楽するのがどんどん上手くなってる、笑。色々な体験がすべて糧になっているよね。みんなに会いたいな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です