未分類

wonderful world

shanti houseの活動を始めた時に、「ありのまま」というキーワードがとても大切に感じていた。

ありのままの自分でいてもいい、いられる場所をつくりたい。そして地球全体がそんな場所になったら。。という願い。

 

あれから5年、私の中の深いところで、学びや気づきが継続的に起こってきた。

ありのままで輝くために、どうしたらいいか?何が助けになるか?と考えていた私は、しだいに「今のままがありのまま」だ、というとてもシンプルな真実を心底受け入れるようになった。

 

ありのままでいられない、なんてことは起こらない。

ただ、自分を愛せなくて苦しんでいる時、認められたくてもがいている時、そんなありのままの自分自身を「受け入れる」ことが難しいだけ。

 

本当は、いつでもどんな時も、いのちの輝きは消えることがなくて、その人の価値も決してなくなることもない。

ありのまま、生きてることが、最高に尊い。

 

だから、今の自分以外の何にもならなくていい、どこにも行かなくていい。

そして同時に、もし行きたいところがあればどこへでも行けばいい。

やりたいことがあれば何でもやればいい。

 

自分というwonderfulな世界の真ん中で、人生という旅をしている私たち。

愛すべきこの世界!

愛おしいいのちたち!

 

幸せだなぁと今日もしみじみ思う〜笑。