未分類

楽しもう

 

 

何がわたしで、何がわたしではない?

 

わたしでないものなんてない

 

すべてがわたしだ

 

ただ、ここに、こうしてあることを

 

楽しもう

 

楽しもう

 

何かである必要なんてない

 

 

 

未分類

ごめんなさい、ありがとう

 

ゆっくりと観察していると、私の気持ちは1日の中でもクルクルと変わる。

例えばある日、

穏やかな朝、気だるい午後、イライラの夕方、豊かな夜更け、、そんな風に。

新しい場所に移り、毎日空を見ていたら、

心はまるで、快晴の空にやがて雲が現れ、光がかげり、またお日様が顔を出して、夕暮れ時に優しい色に輝くのと同じなのだなぁと感じる。

 

それでも、空は変わりながら、それが空であることはずっと変わらない。

空はずっと空で、わたしもずっとわたしなのだ。

 

いつも同じ穏やかなハッピーな空であるべきだ!

そんなことを言うのが、ただ自分の都合だってことは誰でもわかるけど、

いつも穏やかなハッピーなわたしでいるべきだ!

と真面目に思ってしまうことは多い。

 

わたしをコントロールしようとしているのはいつも私で

それがどれほどわたしに窮屈で不自由な思いをさせているかに気付くのは難しい。

 

変わることが生きているということだ。

あるようにある。

それ以下でも以上でもない。

 

それでも、私は願う。

こうでなければならない、ああであって欲しい、と。

それもまた生きているということ。

 

でも、自分をそのままに自由に羽ばたかせてあげたい、と思うなら

誰が自分をコントロールしているかは、知る必要がある。

 

それは、環境でも他人でもなく、自分自身。

誰かの目が気になるのも自分、誰かを傷つける人になりたくないのも自分。

 

優しくありたい。穏やかでありたい。明るくありたい。強くありたい。

 

だから「わたしよ、本当の気持ちは隠しておきなさい、何が起こっても大丈夫でいなさい、嫌なことも何となくやり過ごしておきなさい、傷ついたことも我慢して飲み込みなさい。」と自分に命令しコントロールする。

 

泣きたいのに大丈夫な顔をして、怒っているのに理解しているように振る舞い、疲れているのに働かせて、やりたくないことに理由をつけやらせる。

 

これをずっと自分にやってきたかと気づいたときに、本当に本当に心から、わたしに「ごめんなさい」を言わずにいられなかった。

そりゃあ苦しかったでしょう、疲れたでしょう、体もおかしくなるのが当たり前だね。。

そして、もちろん、どの時の私も、他の誰も悪くない。

 

私にとってのこの数年は、それに心底気づくための時間だった。

自分をそれまでのように、我慢させ無理させてコントロールすることができなくなったのは、そう言うことだったんだね。

 

そしてこの1年はリハビリだった。

子供の頃から、そうやって自分自身に命令されることで、傷ついて力をなくした自分を癒すための。

暗い部屋で一人眠れない夜にも、声をあげて寂しい怖いと泣けなかった幼い私の人生は、こうしてちゃんと行き着くところに行き着いた。

 

自分の中心で、何かが大きく変わっていく音を聞いているような、そんな時間。

どんな日々が始まって、どんな風に自分が変わり続けて行くのだろう。

 

変わっていくこと、あらゆる自分があるがままにあることに祝福を。

 

満月の夜。2018年が後もう少しで終わろうとしている夜。

ありったけの愛で自分を包みたい。

わたしよありがとう。

 

 

メッセージ

あなたのそばにわたしはいます

 

 

 

あなたのそばにわたしはいます

 

いますぐにあなたの元に駆けつけ

 

あなたを抱きしめよう

 

あなたの心に宿るその悲しみを

 

そっとそっと包み込みたい

 

あなたの悲しみも愛のなせる業

 

闇のないところに光は見えない

 

光を映す闇はスクリーン

 

あなたの中にそれらは共にある

 

喜びを知るからこそ悲しみを知る

 

悲しみはまた新しい希望を連れてくる

 

あなたのそばにわたしはいます

 

愛をいつも贈っています

 

メッセージ

あなたは美しい

 

 

 

あなたには価値がある

 

その形がいびつであろうとも、整っていようとも

その内側が波立っていようとも、平静であろうとも

それに光が当たっていようとも、闇の中にあろうとも

 

価値は減ることも増えることもない

 

存在している、という絶対的な価値

 

あなたはなかなか信じることができないかもしれない

あなたには価値があると何度も言われたとしても

またすぐに忘れてしまうかもしれない

あなたの美しさを

 

あなたは美しい

 

美しさはすべてを含んでそのままであること

 

色とりどりに咲く花がそうであるように

空を自由に羽ばたく鳥がそうであるように

新緑の眩しさがそうであるように

よせてはかえす波がそうであるように

生まれたての赤ん坊がそうであるように

 

今に目を向けよう

今に心を置こう

あなたの美しさは今に宿る

過去でも未来でもない

あなたが唯一存在できるこの今に

 

あなたは完璧だ

 

あなたが今にあるとき

世界は美しさで満ちていることに、気付くだろう

すべては完璧であることに、驚くだろう

そしてあなたも、その一部であることに、震えるだろう

 

あなたには価値がある

そこにそうしてあるだけで、あなたは美しい

あなたは完璧な存在だ

 

 

 

未分類

オペレーションを止める

 

 

 

夫が不在な時には当然私一人で家と子供のことをこなすわけですが、最近はそれをワンオペ育児とか言いますよね。

元々はコンビニなんかを一人で営業していることを言うらしい。

そう考えると、なるほどワンオペ育児が大変過ぎるなと想像しやすいですね。

どんなに考えて準備していても、育児って必ず思わぬことが発生するし、思うようにコントロールするのは本当に無理なので、一人でやっていると苦しくなったり、どこかで限界を感じるのも当たり前です。

でね、どうやったら楽にやれるかな〜と考えていたのだけど、そもそも育児を仕事のようにオペレーションしようとすること自体に無理があるな、と感じるので、いっそのこと、オペレーションしない、と決めてしまおうと思い立ったわけです、笑。

ワンオペというハードルをクリアするために、計画、準備、奮闘、要請、最後は懇願や怒り大爆発、、なんてことになる前に、苦笑、ハードルを設けなければ、クリアしなくてもいいわけですもんね。

 

そもそも、子供はそこにいてくれるだけでありがたい存在。

ただ健康で、ご機嫌でいてくれるだけでどれだけ助かるかを、子育てしているとしみじみ感じる瞬間があるのです。

そして「いうことを聞かない子は悪い子」ではないことは本当はよくわかっていて、「いうことを聞かない子がいると親が困る」だけなんです、笑。

大変になるから準備して努力して子供や状況をコントロールしようと必死にオペレーションした結果、子供が不機嫌、そして結局親も不機嫌、ってよくあるパターンだけども、笑、

逆に、親の期待通りに状況を動かそうとしない、言うことを聞かせようとしないと、子供って本当にご機嫌です。

そうすると実は、必要なお願いも素直に聞き入れてくれる率がぐっと上がります。

子育ての概念を段階的に緩めてきて、そんな経験するようになって、だったらもう私の小さなプライドを捨てて、良い親であろうとする戦いからまず私が降りてしまおう。

「育児はちゃんとやらなければいけない」という概念ももういらない。

子供と遊んで暮らそう〜♪とまでは思っていないけど、笑、オペレーションする義務なんてないわ〜♪と思うだけで私はとても楽になります。

そうは言っても育児はかなりの実労働がありますので、ママも疲れてんのよー!と怒りたい時には怒り、子供と一緒に笑いたい時には笑い、疲れたら寝たい時に寝る、、?!、笑。

昨日も夫不在、私は行事疲れでぐったりして寝ていたらお昼の時間をとっくに過ぎていたんです。

遊んでいる子供達に「お腹空いた〜」と言われた時には、休めて疲れが取れていて、良い気分でおにぎりを握ったりして子供たちともぐもぐ食べて幸せでした。

 

まだまだ山あり谷ありの子育てでしょうけれども、百害あって一利なしの「あなたのためにこんなに頑張ってんのにーーー!」という空回りの代わりに、自分の幸せのために頑張りたいなと思う今日この頃です、笑。

 

愛と感謝を込めて。