未分類

普通ってなに?

今日で5月も最後ですね。夏まであっという間な予感。日々大切に、と思います。

 

昨日娘を寝かしつけている時に、娘をぎゅっと抱きしめて「かわいい〜〜♡」といつものように言うと、ちょっと照れ臭そうに「ママ毎日そうやってハグするけど、大きくなったら恥ずかしいからできなくなるんでしょ?」と。

女の子の精神の発達は本当に目覚ましくて、5歳でももうそんなことを感じ始めている。それが大人になるってことなのかな。

「そんなことないよ。ママはみーちゃんがよければずっとハグするよ。愛が溢れてきた時には大人でもママはみんなハグするんだよ。」と伝えました。

 

他方、中学生になり試験期間中の息子とは、勉強についての話になることがしばしば。

当然やりたくないと言う息子に対して、私が言うのは、勉強も試験も自分の成長のために利用していくものだから、苦しくなる必要なんて全然ないということ。

勉強は「必要なことを理解して使いこなす」ための練習でありきっかけに過ぎない。深刻にならずにまずやってみる、それってすごくいい練習になるから、と。

結局やらせたいことには変わりないのですが、笑。

 

私は幼稚園から一貫の進学校で、家庭も教育熱心で、勉強はやって当たり前、できて当たり前みたいな環境で育ちました。

そして期待に背かず、大嫌いな勉強を時には泣きながら、体も壊しながらもなんとかやって、志望大学を単願で合格しました。

それでもずっと劣等感があったのは、当たり前のことが当たり前にできない自分を愛せなかったからなのだろうと思います。

本当は当たり前も、普通も一人に一つずつあることに気づくのはもう少し後。

受験戦争の真ん中を通りながら、猛烈なモヤモヤと学校への嫌悪、大人への不信感、そんなロックな気持ちで生きてきた私としては、笑、子どもに話したいことが沢山あります。

普通ってなに?当たり前ってなに?誰のための人生か?命はどう使うものなのか?

 

それでも私は、自分が苦しんできたから、子どもたちに、これが世間の正しいやり方だ、これが普通だから、とは言いません。

その代わり、私はこう感じている、こう考える、こうして欲しいと思っている、と伝えます。

 

子どもも完成された人間であることに変わりはないから、こちらの意見は伝えながらも、お互いに尊重すること、協力することを前提に一緒に暮らしています。

社会に出て行くときの練習は、それだけで十分だと思うから。

それでもついつい口から出てくる、いろんな親のグダグダは、自分を守るために思いついたことと、単なる愚痴、笑。だから、自分でもそれは言いながら気づいて流していく、笑。

 

子どもと話していると、毎日気づきの連続です。

固定観念に気づかされ、見栄や体裁に気づかされ、それから、自分がどう生きたいかに気づかされ、日々、本来の自分への許しと癒しが起こる。

感謝、感謝なのです。

 

明日から6月です。プライベートセッションを再開します。とってもお久しぶりなのでドキドキワクワクしながら、お待ちしています。

ご予約受付していますので、詳しくはこちらをご覧ください。セッションのページ。セッションについて書いた記事

 

では、今日という日、二度とない5月の一日を楽しみましょう♪

愛を込めて。

 

未分類

心ダダ漏れで!

 

 

今日は満月ですね。昨日もお月様がとても美しくて、ベッドに入る前にしばらく眺めていました。

心の隅々まで優しい光が浸透して、深く感謝する瞬間でした。

 

子育てをしている日常には、ただ静かに感謝をする隙間はあまり訪れません。

イライラして大きな声を出して怒った後に、あぁ疲れてますな、わたし、と気づくこともしばしば、笑。

子育てがなかったら、穏やかでいられるのに、怒らずに済むのに、とたまにモヤモヤすることもあります。

そんな時には決まって、自分がどれだけ子どもたちのことが大好きで、彼らから沢山の恩恵をもらっているかに思い至り、思考は終了、笑、残るのは深い感謝。

前回の記事で書いたように、パズルのピースが完璧な絵を描きながらパタパタと収まって行くかのように、私は子どもたちへの愛を確認するために、イライラしてみているのかもしれません。

何が大事?何を大切にしたい?どう生きたいの?と問いかけるために。

 

それにしても、たまに、家事や子どものお世話をしている最中に、自然と目が閉じきてしまい、もう立っているのも嫌というくらい疲れてしまうことがあります。

やりたくないことをやっている時の消耗が半端ない。。

それもまた、自分に最適なバランスを教えてくれているのですよね。

最近は、そういう時には、全部中断して休むことにしています。

深呼吸して気分を緩めたり、うたた寝したり、お菓子を食べたり、笑。

そうすると、気づくとみんなでなんか笑ってたりする。

 

試練が訪れ、そこからどんな素晴らしい学びや達成があろうとも、人生自体は修行なんかじゃないのです。

命は、そのすべてを味わい楽しむために贈られた宝物。

あと1週間の命と言われたら?私は間違いなく、家族で温泉に行きます、笑。

そして大切な人たちみんなに愛と感謝を伝えて死ぬ。

世界を救いに行かないし、何かの大作を制作もしないし、豪遊もしない。

私がこの人生で最後にしたいのは結局、心からホッとして、くつろいで、愛でいることなんだな〜と思うと、ただ、素直にすべてを感じて、わたしであることだけで100点の人生なのですよね。

そして、もしあと1週間の命でなくとも、私はもう今ここで何の気負いもなくすっかりくつろぎ、ワクワクに心を踊らせ、魂を震わせて、生きていることを思い切り、惜しみなく味わい尽くしたい。

何も隠さなくていい、心のままに、そう、心ダダ漏れでキラキラの飛沫を撒き散らして命のダンスを踊る!笑、そんなイメージ。(どんな?!)

 

美しいこの星、地球に生まれてよかったなぁと思う満月の夜に、心から感謝。

愛を込めて。

未分類

奇跡的な調和

 

 

晴れた日曜日、白い砂浜を求めて佐島の海まで出かけました。

沢山の色とりどりの貝殻が敷き詰められた砂浜がとても美しくて、水に足を入れて砂を眺めていると、なぜか懐かしいような愛おしさを感じたのでした。

調和、そんな言葉が浮かびました。

 

ブログで時々、私たちは一人一人が完璧な形をしたパズルのピースだと書いています。

最近、このことを考えていて、深く感じたことがありました。

 

この世界はどのピースが一つかけても出来上がらない、だから私たちはかけがえのない存在。

そして同時に、私たち一人一人もまた、様々な要素の小さいパズルのピースでできているんだなぁと。

私の中のこのピースがあるからその横にあのピースがあって、一つかけたら私ではないのです。

性格だったら、繊細だから怖がりだし、真面目だから厳しいし、変わってるから寛容だったり、笑。

経験だったら、苦しんだから願いが生まれた、迷ったから見つけたことがあった、愛したから失ったものもあったし、失っても愛はなくならないことを知れた、どれ一つがかけても、今のわたしはない。

そして、私が生まれたとき、私が泣いたとき、苦しんだとき、愛したとき、産み出したとき、願ったとき、どの瞬間にもそこには私以外のピースも一緒に存在してくれていた。

 

そう、この世界がそうであるように、私がわたしであることは、本当に奇跡的な調和でできている。

 

自分自身のすべてのピースを許すもなにも、私はこんなにも素晴らしい存在だった。

 

そう思ったら、涙が溢れて、ただ感謝するばかりでした。

人間だから、もちろん、自分の感情や考えや性格や容姿や、人生に起こる出来事、コントロールしたいと思ってもできなくて嫌になるときもある。

でも、この世界には調和しかない。一つ一つの奇跡でできている。

だから自分の中の大切な何かを奪われることなんて起こらないし、すべてが贈り物なのです。

 

生きるのには時に勇気がいるけれど、あなたがいるから、私は生きていける。

愛しきこの世界にありがとう。

 

あなたに愛を込めて。

 

 

セッションのこと

セッションのこと

 

6月からプライベートセッションを再開します。詳しくはこちらから。

待っていてくださった方々からご連絡をいただいて、とてもありがたく感じています。

これから初めてお会いする方に、セッションがどんな時間になるかを少し書いてみたいと思います。

今まで会いに来てくださった方は、実はご近所の方は少なくて、都内や遠くは海外から予約してくださって、立ち寄ってくださった方もいらっしゃいました。

みなさん女性ですが年齢もお仕事も様々です。(7月以降、紹介のみですが男性からのお申し込みも受け付けさせていただく予定です)

抱えていることも、もちろんお一人お一人違います。

まずはしっかりお話を聞かせてもらうことを大事にしています。

そして、お客様がリラックスして心の本音が出て来てくれるよう、私もリラックスして心をオープンに向き合います。

セッション中の私は自分の考えや理屈でお話することは余りなく、頭の中は空っぽでニュートラルな状態に近くなります。

その場に必要な癒しと気づきが起こってくることをお手伝いするには、私という人格を超えてただ愛でいることが助けになるからです。

プライベートでは他の人がいる時に、意識的にこのような状態になることはほぼないので、私にとっても特別な大切な時間です。

お話をしていくうちに、ありのままのご自分に戻っていく途中で、涙と共に想いが溢れたり、つっかえていたものが出て来たり、パターン化している思い癖に気づいたり、様々な癒しが起こって来ます。

必要な癒しが起こり本来の自分に戻っていく、自分の中に閉じ込めていた本音を聞いてあげることができたら、それだけでセッションの時間はとても満ちたものになります。

その道のりは、1回でその時に必要な答えを見つける方もいれば、何度か回数を重ねていく方もいらっしゃいます。

自分と向き合うことを決めて申し込んでくださり、わざわざその場に足を運んでくださる。

すべての方が、私と会うその時までに、すでに心は変化を始めています。

自分を大切にしてあげたいと思ったときに、癒しが始まるのです。

愛を自分に向けていくことを、私と一緒にしていただく、それが私のセッションの根幹にあるものかもしれません。

「あなたは素晴らしい存在。どんな時にもあなたはこの世界から必要とされている。人生の道のりで無駄なことは一つもない。今ここにいるあなたであることがどれほど尊いか。」

そんなことをお伝えしたくて、始めたセッション。

お会いするご縁をいただくということは、私からお伝えするメッセージや、言葉に表されないところでも触れていただくエネルギーがあります。

何度も来てくださっている方は、調律やチューニングのような感じで会いに来て下さるそうです。

お客様にとって必要な時間をシェアさせていただけることは、私にとっても最高の幸せです。

お一人お一人との出会いを宝物にさせていただく、大好きなお仕事なのです。

あなたにお会いできることを、楽しみにしています。

 

愛を込めて。

中島幸恵

 

未分類

自分への許し

 

今日の夕空も暖かく美しい。ベランダに出て眺めると、大好きな富士山の横に虹が。

自分の中の変わっている部分、尖っている部分、黒い部分、自分ではそう思っている部分はずっと見せたくなかったけれど、それをここで書いた後に、「そんな私が大好きだよ」というメールをくれた友達がいました。

すごくあったかくて嬉しかった。

そして自分の中では、想像していなかった変化がありました。

それは自分の内側に対する許し。自分という存在に対する許しです。

過去、うまくやれなかった自分、批判されたり責められたりした記憶、わかってもらえないというジレンマや、そんなものたちを、とても優しく受け入れる私がいました。

辛かったよね、そうだよね、という言葉かけは、自分にはいつもなかなかできなかった。

完璧になれないことへの罪悪感はいつもつきまとっていました。

それが、気づくととても軽くなっていました。あの時の私、どの時の私も、もう消したい記憶ではなくなっていました。

本当に驚くのは、身体の不調がとても軽くなってきたこと。

慢性的な痛みや、むくみや、強張りがどんどんほどけているんです。不思議です〜。

もう随分と自分が変わったと思っていたけれど、きっとまだまだこれから、笑。

新しい自分に新しい世界にどんどん変わっていっている実感に、ワクワクと深い幸せが絶え間なく湧いてきます。

 

今日も、読んでくれること、この繋がりに、ありがとうございます。

愛を込めて。

*6月よりプライベートセッションを再開します。詳しくはこちらから。セッション可能日、随時更新しています。