未分類

味わい尽くす

 

いのちの声を聴いて

心と体が喜ぶように生きること

 

それは、

 

何度でも何度でも何度でも

感じて味わって

味わい尽くすということ。

 

堂々巡りなんて起こりえないから。

今の私で感じることは二度と

訪れはしないから。

 

そうやって生きていることが

もうすべての答えだと、

 

理解を超えて、

心と体で味わい尽くすだけ。

 

愛じゃないものなんて

どこにもないから

いのちの現れそのものが

愛だから。

 

大丈夫、

大丈夫。

 

苦しむこと、悩むことそれ自体が

豊かなことだと気づく時

世界は色を取り戻して

感謝が溢れてくる。

 

だから、大丈夫。

 

安心して苦しんで悩んで

そしていつか安心して安心する。

 

愛の中でしか生きることが

できない私たちだから。

 

未分類

内観の記録

 

なかなか言葉にならない日々。でもぼちぼ〜ち生きています、笑。

今日は自分のための内観の記録です。

 

内側の色々な気持ちと向き合い、体調の波と向き合い、自分に優しくすること、寄り添い続けることがこんなにも難しいなんて、びっくりしてしまいます。

人に優しくする方がずっとずっと楽で、人を愛する方がずっとずっと実感があり、自分は透明であったらどんなにか楽なのに、、といつもの逃避癖が出てくるのでした、苦笑。

 

でも、もうそれを私の心と体は許してくれません。

自分の中の不調和、自分のありのままを生きないことを許してはくれないみたい。

そこからもう逃げないでと、メッセージを送ってくれています。

一回死んだつもりで生き直す、そんな気さえするのです。

 

怒り、恐怖、悲しみ、この感情をそのまま表すことができなかった子供時代。

親を傷つけたり心配させることをしてはいけない。

だから、我慢。2歳でも我慢。わがまま(本音)を言って泣くとかしたことがない。

次第にネガティブなことを感じてしまう自分自身を責めるようになります。

するとネガティブな気持ちは表現できないので、感じると辛くなる、だからだんだん感じること自体を鈍らせるんです。

怒りを感じないようにそのセンサーを鈍らせる。

このメカニズムってもしかして多くの精神疾患や自律神経失調症の方に多いのではないかな。。

 

それでも私は憎しみではなく愛で生きたかった。だからいつも自分の心の器を必死で広げて全部包み込んでしまおうとしてきました。

でも今思えば、私の器の大きさは最初から同じだったんです。

広げることなんてできないと知らなかった。

仮想の自分、つまり理想の自分を作りたかったけど、私にもすべての感情を表現することは当然必要だったわけです。

目に見えない器から溢れてしまった感情は、代わりに身体の不調になって溢れ現れてくれていたのですね。

 

後になって、あの時辛かった苦しかったと喚いても、ちっとも辛さは癒えませんでした。

誰かを責めても、安心することはないから、楽になんてならないんですよね。

そしていつしか私は自分を癒すことを諦めて生きていたのかもしれません。

愛に生きたいともがきながら、それはそのままであることだと知った後でさえ、ありのままに生きることをまっすぐ選ぶことができていませんでした。

 

愛はありのままをそっくりそのまま認め許しているということ。

苦しんだ末に、人生の全てから教えてもらったことです。

何より、いてくれるだけで愛そのものであった優大が、そのいのちのすべてを以て教え続けてくれました。

だから、もう逃げないで、と優大も言っていると感じます。

 

自分のいのちに寄り添い、いのちの本音を生きることは、それ以外の全部を手放すことかもしれません。

まるで運転中のハンドルから手を離すような、大事に抱えた宝箱から手を離すような。。

だから怖いし、逃げたいし、そこまで追求する必要ないと思うし、早く楽になりたい。

でももう私はその道を、、いえ、最初からその道を歩いている。

誰もがそうであるように、自分しか歩けないこの道を歩いている。。。

そしてきっと、手放すのは、何かをなくすことじゃなくて、握った手のひらを開いたら、そこには何もないってことを知ることなんだと思います。

握りしめようとしているものではなくて、握っている手、このいのちそのものより大切なものはないのだと。

 

しんどいなぁと思いながら生きる今も、愛はいつもここにあり、私はどんな時も愛でしかない。

波間に訪れる平安に宿る最高の愛おしさも感じる毎日です。

いつもありがとう。愛しています。

 

未分類

自分に降参する

 

昨日、久しぶりに少し熱が出て身体がどうにもだるくてずっと寝て過ごしました。

体をじっくり感じているとすごく不思議なことが起きている気がしたんです。

わかっているようで、よくわかってあげられていなかった自分のこと。

 

身体がむくんでいて、気やリンパの流れが悪くなっているのもよくわかりました。

背中がバキバキで痛いとこだらけでした。

頭もパンパンになっていて触るだけで痛い。

自律神経が迷走しているのもよくわかりました、笑。

体温が上がったり下がったり、時々冷や汗が出たり、お腹が微妙に痛かったり、気分が悪くなったり、血圧も上下しているみたいでした。

 

自分でも呆れてしまうし、きっと聞いたら驚かれるかもしれませんが、タイに来てから、もし熱が出ていなければ、この状態でも私は日常生活を送っています。

すごく元気になることがないので、このくらいの不調で動けないと私は何もできない人になってしまうから。

人と話していて顔は笑っていても、うっすら冷や汗が出たり、食事しながら吐きそうになったりも普通です。。これは子供の頃からかな、苦笑。

そして今は突然、激しく倒れたり、苦笑、疲れがひどくて子どもに突然怒り出したりして。。

 

でね、昨日、そうやって身体を感じながら過去を振り返ると、熱が出ることで、自分の身体を守ってくれてたんだなってすごく実感したんです。

小学生から続いた数えきれない回数の高熱で、20歳くらいで溶連菌感染が血液にも広がって皮膚に紫斑と言ってあざが出てしまい、扁桃腺を取る手術をしました。

それから、熱は出なくなり楽になりました。

でもその頃から、別の症状が出はじめたんです。

血圧がコンロトールできないような感じで、意識が薄らいだり、パニックになったり、様々な不安神経症も出て。

今思えば、それは、熱を出すことで私の身体を休ませ、緊張をといてくれていたのができなくなって、出てきた症状だったのかもしれません。

 

心をすっかり解放しなければ、病気はなくならない。

 

そんなことをしみじみ感じた1日でした。

実は、私は熱を出すことでしかSOSを出せなかった自分を変えたかったんです。

無理しない自分になれるように、無理していた。。。がーん、笑。

だからいつも風邪をひきそうになっても、自分に熱を出すことを許してあげられなかった。

すると不思議なもので、大抵、熱は出ません。

だから頑張り続ける状態はどこまでも続いて行く。

そして昨日、熱を出してみて初めて、自分がどんな状態で生きているかに気づかされたんです。

どんなに自分に向き合って、どんどん許していっても、無くならない辛さは、これだったのかなと。

自分のすべてに降参してしまおうよってことなんだなと、笑。

 

愛で生きるには、自分が愛で満たされること。

それはもうこのままで愛されていると、心底感じて生きること。

何一つ、コントロールする必要はない、ということをこれでもかと教えられています。