未分類

よし、令和だ。

ここのところ、貧血から体調がまたガクッと悪くなり、気持ちも引きずられて落ちることが多かった。

平成から令和へと変わるちょうど数時間前、何でもないようなことで夫と口論になる。

体調の悪さと、積もっていた些細な不満が原因で。

一人になって、遅い夕食を食べていたら、抑えきれない気持ちが溢れてとてつもなく苦しくて、食事が飲み込めない。

お腹が空いているはずだけど、心の中が悲しみでいっぱいだ。

代わりに涙が後から後からあふれてきて、声を出して泣いていた。

もう嫌だ、どうして生まれてきたんだろう、こんなことなら。。と繰り返し湧いてくる。

今までも度々あったことだけど、思うのも憚られる気がして、いつもギュッと押し込めてきた気持ち。

家族が悲しむからこんなこと思うのもいけない、、

命の尊さも、その奇跡も知っているんだから、そんなこと思うわけにいかない、と。

でも、苦しんでいるのは私で、その気持ちを吐き出してあげないと、いつまでたっても、押し込めた感情が消化されることはなくて。

どうしようもなくて、ひとしきり泣いた後、少しだけ落ち着いてから、ふと天使のカードを引いてみる。

「やさしさ あなた自身に優しくしてください。」と天使さんは言っているみたいだ。

うん、、それをするために、私は苦しさの中にいるのかもしれない。

そう思って、とりあえず、大好きな熱いほうじ茶を淹れて草大福を食べてみる、笑。

食べてたらまた少し涙が出てくるけど、お餅がお腹に落ちていくのと同時に、何となくホッとした。

お風呂も億劫でメイクだけ落として、揺り椅子に揺られながら、令和へのカウントダウンを一人静かに見守る。

3、2、1、で平成はあっけなく終わってしまった。

この瞬間に、この出来事に、この人生に、どんな風に意味付けをし、どんな風に扱うかは、本当に自分次第だ。

ままならない日常が続くだけの人生か、それとも、必然の愛が起こり続けている人生か。

全部が入り混じっているこの世界では、自分で決めるしかないのだ。

いつか必ず死ぬときまでは生きているから、生きているなら、、

とことんまで愛して愛し抜いて生きよう。

弱くて泣き虫ですぐに故障する、それでも健気に何とか諦めずに生きている、そんな自分を抱きしめて生きよう。

それが私なんだから。

よし、令和だ。

 

 

 

 

2 thoughts on “よし、令和だ。”

  1. さっちゃ〜ん、いっぱいしんどいね〜悲しいね〜我慢しなくていいよー
    全部さらけ出し、思うがままに

    いつも、さっちゃんが私達に語ってくれてる事じゃないですか
    貯める事を少しずつ減らして、出していこう!
    でもそれが出来ないから、しんどいのよね〜
    何もしなくていい!それも自分
    さっちゃんがいち番の理解者なんだから(^^)

    1. はるみさんありがとう〜♡♡
      うん、しんどくて、でも自分にそのまま悲しむことを許してあげたよ。
      それが優しくするってことだと思うから。
      今ね、随分肩の荷が降りた気持ち。またブログに書くね。
      いつもありがと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です